トップ > 検査案内 > 睡眠時無呼吸症候群(PSG)検査

スクリーニング検査(簡易検査)で異常があった場合に、より詳しく睡眠中の状態を調べます。睡眠時無呼吸症候群の有無や重症度を調べ、治療法などを決定するために必要な検査です。

睡眠時無呼吸症候群(睡眠ポリグラフ)検査

検査について

頭から足まで20箇所ほどセンサーを装着して就寝していただきます。

※ 睡眠時無呼吸症候群の検査・診断は、横浜みなとみらいにある当法人グループの専門施設で行います。糖尿病・生活習慣病のクリニックとしては数少ない、睡眠時無呼吸症候群の専門的な治療ができる医療機関として、現在までに5,000人以上の患者さまが受診しています。

検査でわかること

睡眠中の脳波、眼球運動、下顎筋電図、呼吸、換気運動、心電図、動脈血酸素飽和度、体位、下肢筋電図などを総合的に検査し、睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。