トップ > 診療案内 > 糖尿病 外来

対象となる方

  • 健康診断などの血液検査で血糖高値やHbA1cの異常を指摘された
  • 症状(頻尿・多尿・喉が乾くなど)が気になる
  • 家族に糖尿病の方がいる
  • 糖尿病の治療・通院を中断している
  • 管理栄養士による食事相談を受けたい
  • かかりつけ医からの紹介
  • 転居に伴う継続治療
  • 他院からの転院を希望している

糖尿病全般

1型糖尿病、2型糖尿病、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)、その他の特定の機序疾患による糖尿病

糖尿病合併症の対応実績

糖尿病性神経障害、糖尿病腎症、動脈硬化症(心筋梗塞・狭心症・末梢動脈疾患)、不整脈、足白癬(水虫)など
* 糖尿病眼症(網膜症)については眼科と連携して治療を行なっております。

治療について

専門スタッフと専門医師による
患者さま一人ひとりにあわせた治療

当クリニックは、食事・運動・睡眠など生活習慣の改善、ご家庭での血圧・血糖測定など療養に関わるサポートを行なっています。また、食事・栄養に関する個別のカウンセリングは、管理栄養士が担当します。治療の基本は食事・運動療法ですが、よりよい血糖コントロールを得るために、内服薬、GLP-1製剤、インスリンなどを使うことがあります。
「合併症の予防」「合併症が進行しない状態を維持する」ことを目的とし、患者さまのライフスタイルや状況に応じて、一人ひとりに合わせた治療法をご提案します。
特に女性は、閉経後や生理周期のホルモンの影響により食欲が増減するなど、血糖値を良好にコントロールする事が難しくなる場合がありますので、治療中の不安や悩みなどお気軽にご相談ください。

管理栄養士による個別の栄養相談

からだの変化を見逃さない
「的確な治療」のための「適切な検査」

尿検査と採血検査で、定期的にからだの状態を把握します。糖尿病の指標となる血糖値やHbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)をはじめ、脂質(LDL/HDLコレステロール・中性脂肪値)、腎機能・肝機能などを調べます。そのほかに合併症を評価する検査として、心臓の働きをみる心電図や、血管の硬さ・血管年齢(動脈硬化)をはかる血圧脈波検査、血管の厚さやプラークの有無を確認する頸動脈超音波検査などを実施しております。
いずれも院内でお受けいただくことが可能です。

動脈硬化(脈波)検査

データで見る糖尿病
「血糖コントロール目標」

HbA1c(ヘモグロビンA1c)は、採血時より過去1〜2か月程度の血糖値を反映する値です。HbA1cは空腹時でも食後でも数値が変動することはありません。日本糖尿病学会では、次のようにHbA1cのコントロール目標値が示されています。実際の治療目標は、年齢・罹病期間・臓器障害・低血糖の危険性・サポート体制などを考慮して、個別に設定します。

糖尿病合併症予防のための血糖コントロール目標

高齢者の治療目標は、年齢、罹病期間、低血糖の危険性、サポート体制などに加え、認知機能や日常生活活動度(基本的ADL/手段的ADL)、併存疾患なども考慮して個別に設定します。ただし、加齢に伴って重症低血糖の危険性が高くなるため十分注意する必要があります。

高齢者の血糖コントロール目標値

糖尿病を知る

糖尿病に関連する病気や検査などについてのページです。